OCP(Open Compute Project)とは

Open Compute Projectは2011年に米フェイスブックが提唱し、データセンターにおけるエネルギー効率の高いサーバーやストレージ機器のデザイン・設計を目的として設立されました。自らの設計や管理ツールにより顧客の囲い込みを図る既存のハードウェアベンダーに対抗し、ハードウェアの設計図を公開し、参加企業による知識や経験を共有することで最新技術を取り込んだ機器の開発を目指しています。 現在は、サーバー機器のみならず、ネットワーク機器やソフトウェアにも対象を広めており、ホワイトボックススイッチをネットワークから自動でインストールするONIE(Open Network Install Environment)もOCPにより開発されています。

株式会社イグアスは、Open Compute Project Japan (OCPJ) の参加員です。

お問い合わせ

White Box Switchに関するお問い合わせは、下記お問い合わせフォームよりお願いいたします。
※お問い合わせの状況や内容により、回答までにお時間をいただく場合がございます。

White Box Switchお問い合わせフォーム